【工学部ニュースNo.12】グローバルエンジニア育成プログラム 「地域創生論」の実施報告

 工学部工学科では、国際社会で活躍できるリーダー人材の育成を目的として、グローバルエンジニアプログラム(GE)を設置しています。GEは体系化されたグローバル科目(英語教育、地域創生論、国際協力論、国際インターンシップ、留学など)を履修します。本文では、8月26日から28日に行われた夏季集中講義「地域創生論」の授業内容を報告します。受講学生は工学科3年次のGEプログラム18名と一般学生11名の計29名でした。

 本授業の到達目標及びテーマは、沖縄21世紀ビジョン基本計画の中で工学と関連の深い多分野において、沖縄県庁職員6名による座学として、沖縄21世紀ビジョン基本計画の概要、ものづくり産業、グリーンエネルギー産業・資源開発、社会基盤建設・建築建設、国際物流産業(海外事業)、およびIT情報産業・情報通信に関する授業を行いました。

 また、テーマ「亜熱帯島嶼海洋地域におけるSDGs」(Sustainable Development Goals; SDGs)に対するグループディスションを行い、課題抽出、課題解決プロセス、提案の明確性・説得性、グループワーク力およびプレゼン力の習得を目標に取り組みました。

工学部ニュース編集WG 下里哲弘・田井政行(社会基盤デザインコース)