琉球大学工学部技術部 » 第7回 業務紹介 電気電子システム班『実験装置製作』

第7回 業務紹介 電気電子システム班『実験装置製作』

報告班:電気電子システム班

業務名:実験装置製作

業務内容:電気電子システム班では研究支援業務として教員、学部生、大学院生の研究用実験装置および部品等の製作ならびに工作指導を行っている。教員から実験装置製作に関する業務依頼があった場合は当該教員との打ち合わせを行った後、電気電子系コースの工作室等を利用し、旋盤やボール盤等、多種多様な工作機械を用いて製作を行っている。以下に製作した実験装置の例を示す。

「シールドケース部品製作」

製作物概要:

短波海洋レーダの基本発振器のシールドケースとして使用する。外部からのノイズを遮断して内部の電子回路を安定動作させると同時に、電子回路の信号生成過程で発生する不要周波数成分の電磁波が外部に漏れないようにするため、電子回路をシールドケースに収容する必要がある。本シールドケースは、短波海洋レーダの送信信号であるFMCW(周波数掃引連続信号)を発生させる、ディジタル集積回路で構成したDDS(直接ディジタル信号発生回路)からなる電子回路のシールドケースとして使用する。

「ステンレスパイプの加工」

製作物概要:

LF-マイクロ波ハイブリッドプラズマ生成用のマイクロ波アンテナとして使用する。

シールドケース部品製作
ステンレスパイプの加工