琉球大学工学部技術部 » 第8回 業務紹介 環境システム班『「測量学実習I」の教育支援』

第8回 業務紹介 環境システム班『「測量学実習I」の教育支援』

報告班:環境システム班

業務名:「測量学実習I」の教育支援

業務内容:

 測量学実習Iは、前学期の毎週月曜日4~5時限目前半に15週にわたり、社会基盤デザインコース2年次およそ45名を対象に開講されている科目です。この科目では、水準測量、トランシット測量、トラバース測量、平板測量を通して、測量の基本的な内容を習得することを目的としています。非常勤講師1名を中心に、技術職員3名、TA1名の計5名のスタッフで対応しています。

主な支援内容は、実習の進行補助として講師のサポートを行っています。具体的には学生に対し測量機材の使い方指導補助、測量データの計算手順の指導補助を主に行っています。そのほか、実習前に講師との事前打合せや、測量機材の管理(測量機器の点検・簡単な校正など)や準備(バッテリー充電、機材確認、実習場所確保など)を行っています。

【各回の実習内容】

第1回 測量の概要説明、測量学実習1の授業の進め方(シラバス)

第2回 測量器械器具の取り扱い方、水準測量(1)

第3回 水準測量(2)

第4回 水準測量(3)

第5回 水準測量(4)

第6回 トランシット測量(1)

第7回 トランシット測量(2)

第8回 トランシット測量(3)

第9回 トラバース測量(1)

第10回 トラバース測量(2)

第11回 平板測量(骨組測量)(1)

第12回 平板測量(細部測量)(1)

第13回 平板測量(細部測量)(2)

第14回 測量機器操作法テスト(1)

第15回 測量機器操作法テスト(2)

【測量学実習風景】