【R1-No.5】「エンジニアリング奨励特別賞」の受賞

「エンジニアリング奨励特別賞」の受賞

大成建設SIPの開発チームと琉球大学(富山潤:琉球大学SIPチーム)とが「第11回エンジニアリング奨励特別賞」を受賞しました.「エンジニアリング奨励特別賞」は,実用化が期待される先駆的技術の開発に顕著な功績のあった技術を対象とした賞です.

(令和元年7月16日授賞式)

受賞名:「ウェーブレット変換を活用したコンクリートのひび割れ解析技術の開発チーム」

SIP:Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program

(内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム)

※琉球大SIPチーム「亜熱帯島嶼に適した橋梁維持管理技術の開発と診断ドクター育成」

有住康則 名誉教授(研究責任者)、山田義智 教授、下里哲弘 教授

富山潤 准教授、崎原康平 准教授、田井政行 助教、須田裕哉 助教

※琉球大SIPは工学部附属地域創生研究センター・エンジニアリングソリューション部門へ継承して研究活動を実施します。

授与式 (実証実験担当:富山潤)
沖縄県内の離島架橋で実証実験
Page Top