【R2-No.16】受賞報告:第3回電気工学教材企画コンテストにて「日本電気協会賞」を受賞(理工学研究科 屋比久哲也さんら研究グループ)

2020年3月1日~11月30日期間に募集されておりました、「第3回電気工学教材企画コンテスト」において、大学院理工学研究科の屋比久哲也さんら、工学科電気システム工学コース 千住智信教授の研究グループが日本電気協会賞を受賞しました。
 本コンテストは、高等専門学校本科生、高等専門学校専攻科生、大学生、大学院生が自らの視点・着眼点で、電気工学に関連したテーマに沿った中学生向けの教材企画を考え、その企画作成・成果活用検討を通して、「電気工学の魅力」や「電気工学を学ぶ楽しさ」を習得することを目的としています。

【作品内容】
電力使用量をデジタルで計測する電力計スマートメーターから消費電力情報を取得し、ボードコンピュータの一種であるRaspberry Piでデータの記録、グラフの描画を行う。得られた結果より消費電力量の増減の理由や省エネ方法について考える。

【受賞者氏名】
 琉球大学大学院 理工学研究科
  〇屋比久 哲也
  〇仲泊 明徒
 琉球大学 工学部工学科
  〇宮良 諒
  〇玉城 奏
  〇千住 智信(電気システム工学コース 教授)

パワーアカデミーホームページはこちらをご覧ください.


Page Top