理工学研究科

大学院理工学研究科 ・ 専攻紹介

高度に進歩した科学技術は、自然環境や人間社会に大きな影響を与え、変化させています。現代、科学技術に携わる者には人類と環境の共生を追求することが要求されます。大学院は、学部の上に積み上げられた博士前期課程と前期専攻科を分離再統合した博士後期課程から成り、工学系の専攻は下図の通りです。
院生は、研究室において、学部で学んだ専門知識や研究成果をより一層深めます。そして、更に未知の分野に新しい展開を試み、問題解決の能力を磨きます。
本研究科は、社会の要請に応えるために学問の統合化、学際化を通して新しい研究分野の開発を進めています。自らの資質を高め、高度な専門知識を自ら修得し、広い視野と国際感覚を兼ね備えた創造力豊かな研究者の養成に努めています。社会人入学制度により、意欲的な社会人に大学院の門戸を開き、高度な教育研究の機会を提供しています。多数の留学生を受け入れ、国際的な要請にも応えています。一般留学生の他に英語で授業を行う特別コースがあり、一層の国際貢献に努めています。

博士前期課程

博士後期課程

博士前期課程は、学部との連続性を重視し、学部学科の上に積み上げ、基本的には学部との一貫教育研究体制のもとに組織の強化を図り、新分野や学際領域にも柔軟に対応しています。
工学系専攻は、機械システム工学専攻、環境建設工学専攻、電気電子工学専攻、情報工学専攻の4専攻から成っています。

博士後期課程は、博士前期課程の教育研究分野を横断的にクロスさせて専攻を構成し、専門性と学際性を活かし、新分野の開拓、境界領域、複合領域への対応とともに、本学の置かれた環境特性を活かした高度な教育研究を推進しています。専攻の構成は、生産エネルギー工学専攻及び総合知能工学専攻の2分野からなっています。
後期課程の学生は、指導教官と相談の上、研究課題と研究計画を設定し、自主的に研究活動を行うとともに関連する講義を受け、自立した研究者として高度な専門的業務に対処するのに必要な基礎理論と幅広い学識を身につけることができます。

【理工学研究科(工学系)】
琉球大学学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
琉球大学教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
琉球大学入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

Page Top