沿革

沿革

年月事項
1950年
5月22日
琉球大学開学
1951年
4月
那覇工業指導所(工業技術員養成課程:2年)を設置
1953年
4月
工業技術員養成課程を実用工業科に改称
1954年
4月
農家政学部に実用工業科を統合
1954年
12月
農家政学部の実用工業科を廃止し、機械工学科を設置
1957年
4月
農家政学部に土木工学科、電気工学科を設置
1958年
10月
農家政学部を農家政工学部に改称
1966年
7月1日
琉球大学設置法により、琉球政府立大学となる。
1966年
7月
短期大学部(英語科、法政科、経済科、商科、機械科、電気科)を併設
1967年
4月
4学部(法文学部、教育学部、理工学部、農学部)に改編。
理工学部は7学科(数学科、物理学科、化学科、生物学科、機械工学科、土木工学科、電気工学科)に改編
1972年
4月
短期大学部を4学科(英語学科、法政学科、機械工学科、電気工学科)に統合
1972年
5月15日
本土復帰により、国立大学へ移管
1978年
4月
理工学部に建設工学科を設置
1979年
4月
理工学部を理学部と工学部に分離改組
1980年
4月
工学部に電子・情報工学科を設置
1985年
4月
工学研究科(修士課程)(機械工学専攻、建設工学専攻、電気・情報工学専攻)を設置
1987年
4月
工学部にエネルギー機械工学科を設置
1993年
10月
工学部を4学科(機械システム工学科、環境建設工学科、電気電子工学科、情報工学科)に改編
1997年
4月
工学研究科の修士課程を博士前期課程の機械システム工学専攻、環境建設工学専攻、電気電子工学専攻、情報工学専攻に改組し、
博士後期課程に生産エネルギー工学専攻、総合知能工学専攻を設置
1998年
4月
工学研究科を理工学研究科に名称変更し、
理学研究科の修士課程を理工学研究科の博士前期課程の数理科学専攻、物質地球科学専攻、海洋自然科学専攻に再編成するとともに、
理工学研究科の博士後期課程に海洋環境学専攻を設置
2004年
4月~
国立大学から国立大学法人へ
2017年
4月
工学部4学科を改組し、1学科(工学科)7コースを設置
夜間主コースは廃止
(機械工学コース、エネルギー環境工学コース、電気システム工学コース、電子情報通信コース、社会基盤デザインコース、建築学コース、知能情報コース)
Page Top